こんにちは、
IoT
企画担当です。

昨日のニュースで5Gについて記述がありました。いよいよ、5Gですね。
今のようにデータ通信が多く、またサービスがストリーミングにより行われるとなれば、より大容量の回線が必要になるのは自明ですね。
未来はどんな時代になるのやら(笑)

 

本日は、昨日の続きExcelタスクについてのお話をご紹介します。

たぶん、皆さんは待てなかったと思うので、マクロ機能をgoogle teacherで検索しているはずなので、だいぶご理解頂いたと思います。

このマクロというのは、動作の記録です。
つまり、一定の作業であれば、その作業を記録する事で繰り返し使えます。

膨大な情報量処理する場合は、何度も同じ作業をする必要がないので、

相当量の手間が省けますね。私はまだ事務処理を手で行っておりますが、、、笑

 

それでは、ここからは肝心の操作方法です。


まず、マクロは「作業の記録」なので必ず作業をおこなう前に記録をして下さい。


マクロの記録方法は、
Excel
のリボンの【開発】タブの左側に【マクロ】があります。
マクロをクリックすると、マクロ記録ウィンドウが開きます。
マクロを記録する際は、マクロに名前を付けないといけません。

例えば、
集計処理とか、表作成とか…etc

名前はお好きな名前で良いのですが、出来るだけ処理が連想出来そうな名前にして下さい。

名前が決まればマクロ名の空白ボックスに入力して頂き、【OK】をクリックします。

そこから記録が開始します。

処理が終わりましたら、
また、【開発】タブから【記録終了】のコマンドをクリックすると、操作完了です。

下に動画を掲載しております。もし、お時間許せばご覧下さい。(約1分程度です。)

 

単純な処理ですが、これで形式的な単純作業はマクロで処理出来ます。

また、よくご質問で、

・この場所を少し変えたい

・a~pまでにしたい

など、マクロの加工がしたいという質問がありますが、

ここから加工するとなれば、VBAの知識が必要になります。

VBAはプログラミング言語ですね。

また興味のある方はgoogle teacherにて検索して下さい。

カテゴリー: IoT活用事例編

よろしければ下のボタンをポチッと押してください。


IoT(Internet of Things)ランキング

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です