こんにちは、
IoT企画担当です。

新元号がそろそろ出てきますね。
何になるんだろうなぁ

今日のニュースでは、女子高生が気になる内容として
一番目玉になっていました。

確かに、平成生まれの子達からすると
気になるかもしれないですね。

どんな時代になるんだろうと、不安と期待がたくさんありますからねぇ
後5日ぐらい、、、

もう少し、新元号待ってみましょう。

本日は、数学の必要性についてご紹介致します。
いきなりですが、あんなxとかyとか何に使うの?
っという疑問に直面した経験ってありませんか?

確かにあんなxとかyとか、文字を使った式はあまり使う事はないかもしれません。
ですが、
 100円で仕入れてきた物を、120円で販売したらいくら儲かるだろう?
 何個売れば、20,000円の儲けになるだろう?

って考える事はありますよね?

 そのような状況に置かれた時、初めて数学で習った方程式が登場する訳です。

それこそ、10,000円の地代で、100円で仕入れてきた物を、120円で販売したら
何個売ればモトが取れますか?

これって、ある意味「一次方程式」なんですよ。
何個売るか分からないので、仮にx個売れると考えて式を立てると
「120x-100x=10000」
このような式になる訳ですよ。

なんならこれをもう少し解釈を変えると
 20x=10000
 一個売れば20円の利益だから、10,000円分稼ごうと思えば、
 10,000÷20すれば500個っと出てくる訳です。

難しいという声が聞こえそうですね(笑
 これは簿記の世界では、CVP分析と呼ばれています。
そーなんです。意外と社会に食い込んでいるのが、この一次方程式なんですよ。
 
簡単な方程式かもしれませんが、エクセルを活用する際も良く出てきますから、
一度復習されてみてもいいかもしれませんね。

カテゴリー: 情報 経理未分類

よろしければ下のボタンをポチッと押してください。


IoT(Internet of Things)ランキング

にほんブログ村 IT技術ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です